交通事故で起きた脳への後遺症による危険

交通事故軽傷だからと油断しないで病院へ本当に怖い脳の後遺症

交通事故で脳に後遺症が残った場合の責任

運転免許証の所有者が多い現代社会では、毎日のように全国のどこかで交通事故が発生しています。事故というものはたとえ自分が気をつけていたとしても完全には避けられない事柄なので、決して他人事ではありません。いつか自分が事故の加害者となってしまうこともあるかもしれないからです。もしも、交通事故の加害者となってしまった場合、被害に遭った人の怪我の具合に応じて加害者は怪我の治療費や通院に掛かる交通費、入院費などを負担しなくてはなりません。また、それらの金銭的な補償だけではなく、交通事故の被害者に対して精神的な苦痛を与えたお詫びとして慰謝料も支払う必要があります。それだけではなく、不幸にして被害者側に対して脳に後遺症が残るなどの障害を与えてしまった場合には、被害者に脳の後遺症を与えてしまった賠償責任として後遺障害慰謝料と損失利益を支払わなくてはならなくなります。

加害者となってしまったときの慰謝料について

事故の加害者となったときに被害者に対して必ず支払う義務が生じるのが慰謝料です。この慰謝料は事故の被害者に対してのお詫びの気持ちを示す意味合いを持っています。しかし、慰謝料を支払えばそれですべてが完結してしまうのではなく、さらに被害者に対しては損害賠償も支払わなくてはなりません。この損害賠償に含まれるのは事故による怪我の治療費や入院費、病院までの交通費などの諸費用です。また、事故の怪我がもととなって被害者側がしばらくの間、仕事を休業するようになってしまったときには休業中の収入を保障する意味合いで休業補償を支払う必要があります。また、事故の被害者が脳に後遺症が残るなどの深刻な状態になってしまったときには、その後遺症に対しての慰謝料を通常の慰謝料のほかに支払わなくてはなりません。

交通事故の被害者の逸失利益とは

事故の被害者に対しての慰謝料については前述した通りですが、事故の被害者に後遺障害が残ってしまったときにはさらに逸失利益分を賠償しなくてはなりません。事故によって後遺障害が残ってしまった場合には、その障害の程度次第では日常の生活や仕事に就けなくなるなどの支障が出ることがあります。逸失利益とは事故による後遺障害が残ったことで将来的に得られるはずであった収入のことを指しますが、事故の加害者はその金額を補償しなくてはならないのです。このように事故の加害者となってしまったときには、被害者に対して補償すべきものがたくさんあります。そのため、事故の加害者になったときには弁護士などの事故後のさまざまな手続きに精通した専門家に相談や依頼をするようにしましょう。