交通事故で起きた脳への後遺症による危険

交通事故軽傷だからと油断しないで病院へ本当に怖い脳の後遺症

脳に障害を負った場合に交通事故の後遺症として認められるか

交通事故による脳への影響や後遺症について、日ごろから考えている人は多くありません。備えるといっても、保険に加入することぐらいにとどまっているからです。いつ誰に起きるか分からないことを毎日気にして生きている人は少ないので、自分に起きた場合のことを想定して、対応の仕方や認められるかについて知識として知っておけば、いざというときに役立ちます。大切なことは、認めてもらうためには証明をしなければならないことです。体に目立った外傷がなかったり痛みが強くないと病院に行かない人がいますが、検査を受けないと後で証明することが難しくなるので、何の問題がなくても日にちが経過しないうちに、できれば交通事故にあった当日のうちに病院で精密な検査を受けておくべきです。

精密検査を受けないと何も始まらない

脳に後遺症があるとして、高次機能障害の等級認定を受けることができるのは、物理的に損傷していることが分かる場合です。レントゲンやCT・MRIなどで調べて、明らかに影響が出ていることが視覚的に分からないと、どんなに体調が悪くてもそれは証拠にならないので等級を出してもらうことが難しくなります。ダメージを負うと、体には様々な影響が出ます。視覚や聴覚、運動能力などから、物忘れがひどくなったり、集中力の低下、感情のコントロールができないなどといった症状です。でもどんなにひどい症状が出ていても、画像でわかる損傷がなければ、交通事故の影響で出ている症状だといえません。脳の後遺症という考え方もそれほど古くからあるわけではないので、医師の判定する能力も低く、専門的に対応してこなかった医師だと余計に認められない場合があります。

必要であれば専門の弁護士に依頼する

交通事故による後遺症認定は、裁判で争われることもあるほど難しいことです。しかもすぐに病院に行かず、日数が経過してから検査を受けたのでは、より難しくなってしまいます。突然自分が被害にあうとパニックになりがちですが、すぐに病院に行くということだけは押さえておきましょう。認定が受けられずに困っている、障害認定でもっと高い等級に認定されるはずだと考えるなら、専門に対応してくれる弁護士を依頼して、病院に帯同してもらうと良いです。精密検査で挫傷や出血跡などが見当たらない場合でも、脳が明らかに腫れたり拡大している、あるいは委縮していると医師から判断してもらうことができれば、認めてもらえる可能性が高くなります。知識がないと、対応が難しくなりますが、専門家がいれば損をせずに済みます。