ウィッグをお探しの方はこちら☆

ホーム > ウィッグについて > 激安よりも少しお値段の良いフルウィッグを選ぶのがポイント

激安よりも少しお値段の良いフルウィッグを選ぶのがポイント

あらゆる場所でフルウィッグは買うことができるので、実店舗やオンラインショップなど、買い物をしやすい場所での購入ができます。
気軽さでいえば人目に付く実店舗での、店頭でのフィッティングなどを人に見られることもない、オンラインショップでの買い物です。
大手のネット通販ショッピングモールを利用することもできますし、様々なサイトを閲覧して購入ができます。
インターネットショッピングを利用する良い面の一つは、実店舗よりも安い価格で商品が販売をされていることです。
でも激安商品を選ぶのは控えて、安すぎない商品を選んだほうが、後からの大きな後悔にはなりにくいといえます。
低価格商品がいけないというわけではないですが、3000円から600円はする商品のほうが、激安品よりも失敗はありません。


見た目のナチュラルさでいえば、ダントツでよいのが人毛ウィッグですが、半面でマイナスとなることがあります。
人工毛ではなく人間の毛髪からできているので、お手入れをする手間は、人工毛よりもかかるためです。
ナチュラルな人間の毛がベースなので、シャンプーをした後には髪型も崩れやすくなりますので、毎回のシャンプー後にはしっかりと、櫛で整えなければなりません。
記憶形状の繊維を使用しているのが人工毛のタイプであり、お手入れでシャンプーウィしても、最初のデザインのヘアスタイルはあまり崩れることはないです。
人工毛のほうがこうした特徴がありますので、デザインは崩れにくいうえに、元には戻りやすくなっています。
太陽の光からの影響を受けるのも、人毛ウィッグの法であり、6ヵ月から1年に1回程度、染め直しも必要です。


できるだけナチュラルに見えるウィッグを選びたいですから、見極めポイントとして、つむじのポジションを確認しておくことです。
被り物だとばれやすいのもつむじの位置ですが、本物の毛髪と思わせるポイントもつむじの位置になります。
ナチュラルに見える商品を選ぶためには、つむじの位置がどう見えるかを確認して購入をすることが肝心です。
商品を見た時につむじが細いかどうか、つむじまわりの毛がペタッとなっているか、ふわっとなっているかでも、印象はかなり違います。
人間のつむじはだいたお細長いので、毛が真ん中から生えているような被り物を選ぶと、見た目には不自然です。
人間の頭皮から生えている毛髪は、ふわっとボリュームがあって自然ですので、もしも被り物がペタッとなっているようなら、これも不自然に見えてしまいます。

次の記事へ

上へ戻る